めっき表面に見られる諸現象

【不めっき】
局部的にめっき皮膜がなく、素材面の露出しているものをいいます。
また、JISによれば、保護作用の効果が及ぶ不めっき部の大きさは,実験的にはφ5,5mm、又は5mm幅までとなっております。
【やけ】
金属亜鉛の光沢がなく、表面がつや消し又は灰色を呈したもので、甚だしい場合には暗灰色となります。
この現象は合金層がめっき表面に露出したものであり、大気中での耐食性には影響ない。
やけは、密着性さえ十分であれば実用上の欠陥とはななりませんので、外観基準を設定される場合は、この点を考慮して頂く必要があります。
なお、金属亜鉛の光沢は酸化の進行とともに失われ、やけの表面と類似した色調に変化していきます。
素材の鋼製造工程(脱酸法〉によってけい素含有量に違いがあり、その影響でやけの発生頻度に差が生じます。
【たれ】
端部又は部分的に、亜鉛が多量に付着しているもので、尖り・山形・線状のものなどがあります。
一般的にやけの発生しやすい素材は、めっき温度を低くしてめっき作業をするため亜鉛の流動性が低下し、たれを発生させてしまうことが多くなります。
たれの部分をヤスリなどで研磨し、平滑面を得ようとするときは、素材表面を露出させないようにします。
しかし、実用上障害とならない限りそのままにされておいたほうが良いでしょう。
【シーム】
素材にきずがあると、めっきしたときに、めっき表面に特徴ある線状の凹凸になるめっきをいいます。
シームは、通常めっき皮膜が形成されているのでそのまま使用しても問題はありません。
しかし、その面を無理に平滑にしようとすれば、素材表面が露出してしまうことになります。
【かすびき】
表面に亜鉛酸化物又はフラックス残さが著しく付着しているものをいいます。
一般に耐食性に影響があるため、付着した場合はヤスリなどで除去します。
【ざらつき】
微粒状の突起があり、めっき浴中の懸濁浮遊物質(ドロス)が鋼材の表面に付着した部分をいいます。
耐食性には影響はありません。
【きず】
めっき作業中めっき用具とめっき表面との接触こん(痕)をいいます。
めっき表面のきずは発生位置大きさ及び深さによってその有害性を判断し、必要に応じて亜鉛末塗料などで補修をします。
【変色】
保管中の薬品などの付着及びめっき浴からの引上げ時に、めっき表面が変色したものをいいます。
めっき引上げ時に生じる変色は、光の干渉・反射に起因したもので、耐食性に影響はありません。
【白さび】
保管中に雨水の付着、結露などによって生じた塩基性炭酸亜鉛などの腐食生成物です。
白さびによるめっき皮膜の消耗はわずかで、耐食性にはほとんど影響はありません。

※『JIS H8641:2007溶融亜鉛めっき』による。

▲ ページのトップへ